ページ内を移動するためのリンクです。本文へメインナビゲーションへサブナビゲーションへ検索ボックスへサイト情報へ

Nikon
Nikon Sport Optics|Japan
ここから検索ボックスです。













Nikon Imaging Japan Site




株式会社ニコン




Global Site



ここからメインナビゲーションです。
ホーム
新着情報
製品紹介
How to
サポート



ここからメインナビゲーションです。
Sport Optics Guide



ここからサブナビゲーションです。



Sport Optics Guide
-Binoculars-






双眼鏡の基礎知識





双眼鏡の選び方





双眼鏡の使い方








CF方式の各部名称と使い方




IF方式の各部名称と使い方




構え方と三脚の使用




使用上の注意









双眼鏡の構造と光学技術





用語集新しいウィンドウが開きます。



ここから本文です。

双眼鏡の使い方


IF方式の各部名称と使い方


双眼鏡は正しい使い方をすれば、より深く「見る感動」を体験できます。手順は簡単ですので、正しい使い方を覚えて双眼鏡を楽しんでください。
ピントを合わせる機構によって、中央繰出し(CF:Center Focus)式と、単独繰出し(IF:Individual Focus)式があります。




IF方式双眼鏡の各部名称

IF方式双眼鏡の各部名称



IF(Individual Focus )方式の使い方

(1)接眼目当てを調整します。

裸眼の場合は、接眼目当てを長い状態にして使用します。
メガネをかけて見る場合は、接眼目当てを短い状態にして使用します。
この状態で双眼鏡の「ひとみ」ができる位置(アイポイント)からのぞけば、視野全体がケラれなく観察できます。





アイポイント(アイレリーフ)とは

ゴムの接眼目当ての場合


<裸眼での使用>

<メガネでの使用>

ゴム目当ての場合 裸眼での使用とメガネでの使用


ゴム目当てを立てます。

ゴム目当てを外側に折り返します。
*ツノ型目当ての場合は折り返しができないので、裸眼でご使用ください。


(2)接眼レンズを目の幅に合わせます。(眼幅調整)

左右の瞳の間隔には個人差があるため、自分の瞳の間隔に合わせて接眼レンズの幅を調整します。

両手で双眼鏡を持ち、両目でのぞきながらボディをゆっくり開閉します。
左右の視野(円形)が一つの円になれば調整完了です。この調整ができていないと両眼視できないため、不快に感じることがあります。


角度を変えて合わせます

接眼レンズを目の幅に合わせます。(眼幅調整)

眼幅が合っていない場合/眼幅が合っている場合


眼幅が合っていない場合
中心部が見にくくなったり、周辺部が
ケラれたりします。


眼幅が合っている場合
左右の視野がひとつの円になります。


■写真は見え方のイメージです。

(3)左右の視度調整(ピント合わせ)を行います。

片方ずつ、視度調整リング(ピント合わせリング)を回してピントを合わせます。まず、左目だけでのぞき、視度調整リングを回し、目標物にピントが合ったら止めます。

次に同じ対象を右目だけでのぞき視度調整リングを回してピントを合わせます。目標物を変える場合も、片目ずつピントを合わせます。

左右の接眼部で視度調整(ピント合わせ)を別々に行います。

左右の接眼部で視度調整(ピント合わせ)を別々に行います。

左側の視度調節リングを使って左目のピントを合わせます。

右側の視度調節リングを使って右目のピントを合わせます。


ページトップへ戻る





ここからメインナビゲーションです。
ホームHow toSport Optics Guide -Binoculars-双眼鏡の使い方> IF方式の各部名称と使い方

ここからサイト情報です。




お問い合わせ



サイトマップ



個人情報保護について



利用規程
© 2012 Nikon Vision Co., Ltd.